下あごとインプラントに関して

下あごのインプラント

  • トップ

LINEで送る

総入れ歯もインプラントで

インプラント

歯周病や虫歯を悪化させてしまって歯を歯根から失ってしまったという人であったり、怪我によって歯を根元から失ってしまったという場合、従来であれば入れ歯やブリッジという方法で治療が進められてきました。これにプラスして、近年ではインプラントという新しい治療法も出てきました。人工の歯根を骨に埋め込むことから始め、人工歯根が定着したらその上に人工歯を乗せることになります。インプラントは、一本の歯だけを失ったという場合にも治療ができますが、下あごの歯を全てなくしてしまった人にもおすすめの方法です。下あごは総入れ歯にしているという人向きのインプラントとして、オールオンフォーというものが用意されています。12本もインプラントを入れるとなれば、肉体的なダメージにプラスして精神的にも負担があり、さらに金銭的にも高額になってしまいがちです。しかし、オールオンフォーであればたった4本のインプラントだけで下あごの全ての歯を補うことができます。これは、下あごの骨の状態によっても違い、場合によっては4本では足らずに6本必要ということもあります。この場合には、オールオンシックスと呼ばれていますが、それでも従来の半分の本数だけで済ませることができるメリットを持っています。

 

↑PAGE TOP